レビトラの効果と効能

 
レビトラの効果と効能

レビトラはなぜ勃起障害に効果があるのか知っておきましょう。

レビトラの仕組みを知る前に、まずは勃起がどんな風に起こるのかを知っておいた方が良いと思います。

性的刺激に受けて興奮をした場合、その興奮脳からが勃起中枢に伝達され、陰茎の海綿体に届きます。
海綿体から放出された一酸化窒は血管や筋肉に作用し、サイクリックGMPが増えます。
ここで海綿体が緩むことで、血管が広がり血液が一気に流れ込みます。
つまり血液で陰茎が大きく堅くなる状況が勃起です。

また、海綿体に血液が流れ込むだけでは勃起を持続することはできません。
血液が流れ込んだ後に海綿体の静脈が圧迫されて塞がることで勃起を維持することに繋がります。

ED患者の場合、ホスホジエステラーゼ5型という酵素が上記で書いたサイクリックGMPの働きを阻害している状況を指します。
レビトラは、勃起を正常に持続させるために、ホスホジエステラーゼ5型のサイクリックGMPの働きを阻害することを防ぎます。

レビトラはバイアグラよりも即効性があり、15分〜25分程度で効果が現れます。
効果が現れてからは4〜5時間の効果を持続できるので、飲むタイミングを計らずとも性行為直前に服用できるのが人気の秘訣だと思います。